TOPへ戻る 受付時間 診療科案内 医師紹介 休診案内 交通アクセス       宮崎県延岡市中川原町3丁目42番地 電話0982-33-3268

kyoritu Hospital Information

栄養サポートチーム

栄養サポートチーム(NST:Nutritional Support Team)とは

○人は口から食べ物を摂り、それを栄養として生きています。しかし、何らかの原因でその当たり前のことが出来ない、あるいは減少してきた時、その人にとって最適な方法を検討します。
○入院中の患者様に対し、その原因や栄養状態をアセスメント(事前影響評価)し最適な栄養投与によって全身状態の改善を行います。
○NSTは、病態管理を行う医師、患者様の状態を把握している看護師、栄養評価・食事を管理する管理栄養士、薬剤の管理をする薬剤師、摂食嚥下機能評価を行う言語療法士等の専門スタッフが、それぞれの知識や技術を出し合い最良の方法で栄養支援を行うチームです。
○栄養不良が続くと、以下の様な障害が発生します。
1 創傷(手術・外傷・褥創)治癒の遅れや悪化
2 術後の合併症の増加
3 免疫力の低下による感染症の増加や悪化
4 筋力低下による日常生活の質の低下(歩行困難・嚥下障害・誤嚥下性肺炎)
これらのことが原因で、入院生活が長くなり最悪の場合生命の危機に係わります。

NSTの役割

1 栄養アセスメント(事前影響評価)を行い、栄養管理が必要か否か判断する
2 適切な栄養管理がなされているかチェックする
3 患者様に最もふさわしい栄養管理法を指導・提言する
4 栄養管理を伴う合併症の予防・早期発見・治療を行う
5 栄養管理上の疑問へのアドバイス(コンサルテーション)
6 コスト管理(資材・素材の無駄を削減)
7 早期退院、社会復帰(自立支援)を助け、QOL(生活の質)を向上させる
8 新しい知識の習得・啓発をおこなう

NST構成及び活動内容

チーム医療が不可欠である為、他職種との連携活動が重要です。
院内の各種委員会(給食委員会・褥創委員会・感染委員会・クリニカルパス委員会・ストーマケア委員会)と連携活動を行います。

医師の役割

1 病状の把握
2 栄養障害の有無や程度の判定
3 主治医の治療方法の確認
4 栄養管理法の手技の実際と指導
5 適切な栄養管理がなされているかの確認
6 栄養療法の効果判定と合併症の確認
7 栄養管理上の問題点の解決
※栄養状態と栄養補給法に関する最終的な決定を行う

管理栄養士

1 身体計測の変化、摂取栄養量の把握等の栄養アセスメント
2 栄養投与経路及び栄養剤の指示
3 身体計測、栄養投与量のモニタリング
4 栄養療法に伴う合併症の早期発見・予防
5 栄養カウンセリング
6 栄養関連の情報提供
※食事摂取量をチェックし摂取カロリーの算出を行い、個々の患者様にあった経腸栄養剤、補助食品の提案

薬剤師

1 処方内容のモニタリング
2 生化学的知識に基づいた栄養療法の提言・問題点の抽出
3 栄養療法に伴う合併症の早期発見・予防
4 栄養剤の説明・服薬指導
5 栄養関連剤の情報提供
※投与する栄養輸液メニューの提案、TPN(点滴による栄養補給)使用状況の追跡調査

看護師

○入院時に全入院患者様対象にリスク評価を実施する
○NST介入後の経過観察(データ改善の有無、摂取量の変化)

1 対象患者様の抽出(NSTクリニカルパスを使用しリスク評価を行う
2 栄養的問題症例の抽出
3 栄養摂取面からの情報提供(摂取状況、嚥下状態等)
4 入院までの食生活情報の提供
5 食事と治療に対しての、患者様本人・ご家族の意向等の情報提供
6 病状観察及び適切な栄養管理がなされているか等の情報提供
7 管理栄養士と協議で身体測定を行う

言語療法士(ST)

○摂食・嚥下機能評価を行い、訓練を実施する

病棟看護、役割
1 定期歯科受診の必要性のアセスメント
  ※口腔内の状態
  ※口腔粘膜の炎症の有無
  ※舌の健康状態のチェック
  ※歯の異常、義歯の問題有無
2 毎日の口腔ケア